読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャットレディの税金や確定申告について

チャットレディの税金や確定申告について

チャットレディはサイトに雇用されているたわけではなく、あくまでも個人事業主として働いていることになります。つまり業務委託という形となっています。

チャットレディの報酬には源泉徴収がなく、確定申告は自分で行う必要があります。年度末に税務署に稼いだ分の申告が必要となっていますが、申告をしないで放置すると後で加算税などのペナルティがくる場合がありますので注意が必要です。
マイナンバー制度の導入により税金の未納は今まで以上にバレやすくなります。国民の義務である納税はきちんと行い、後で痛い目に合わないよう充分注意して下さいね。

○いくら稼いだら申告が必要なのか?
チャットレディを本業でやっている場合は、年間の所得金額が38万を超える場合に申告が必要となっています。

また副業としておこなっている場合は、1年間の所得が20万円以下の場合は確定申告の必要はありません。

また、所得とは収入から経費を引いて残った金額のことを指します。

例えば50万稼いで経費が20万だった場合は30万の所得となります。
この30万に対して税務署に申告をすることになりますのでこちらも注意が必要です。

確定申告の対象となる期間は、毎年1月1日から12月31日までの1年間になります。発生主義による基準となりますので、12月に発生して翌年1月に入金された報酬は、12月分として計上します。年を跨ぐとややこしくなるので注意して下さいね。確定申告の提出期限は、翌年の2月16日から3月15日までになります。

○チャットレディの経費
チャットレディのお仕事で経費になるものは結構あります。
代表的な例で言うと、在宅でお仕事をしている場合は家賃の3割程度が経費になったり、暖房代、電気代、パソコン代など仕事をする上で必要なものは経費にできるようになっています。

その他にも、コスプレ衣装美容院代化粧品装飾品(アクセサリーなど)交通費接待交際費(飲食代・旅費・宿泊費など)も含まれます。

また経費にする場合は必ず支払った領収書などは絶対ひ保管しておきましょう!