人妻熟女におすすめできるライブチャットサイトは?

人妻熟女におすすめできるライブチャットサイトは?

ライブチャットサイトの中でもとくに熟女・人妻が中心となっているサイトは人気が高くなっています。

年齢層としては30代が主となっていますが、そこで今回は熟女・人妻でも稼ぎやすいライブチャットサイトをご紹介します。

マダムというと人妻というイメージがありますが、独身の女性でも働けますのでご安心ください。年齢制限は26歳以上なら誰でも登録できます。年齢が高くても登録できないということはないので思い切って応募してみましょう。お客さんの年齢層は大体30代~40代になるので、お客さんと近い年齢でチャットができるので話も盛り上がるはずです。

○マダムにおすすめできるサイト一覧

①チャットピア
⇒国内最大級の人妻専用のライブチャットサイトになっています。年齢層は30代が中心となっていて40代以上は少なめとなっています。
チャットピアに来る男性の多くはマダム目当てで来るお客様が100%になります。
特徴としてはイベントが連日開催しているためにぎわいがあり時間帯関係なく持ち上がっている印象が強いです。
人妻系サイトの中では一番稼ぎやすいサイトになります。

②マダムライブ
ジュエルライブの姉妹サイトでこちらのサイトも人妻専用サイトとなっています。チャットピアに比べるとチャットレディの年齢層が高めとなっているのが特徴ですね。
40代の女性も多く在籍しているため非常におすすめできるサイトとなっています。昼間の時間などはおすすめしていませんが、深夜に働けるマダムさん必見です。

③マダムとおしゃべり館
⇒50代以上の女性もお仕事をしている一番年齢層が高いサイトとなります。男性会員は生粋の熟女を求めてくるため男性側の年齢層も高めとなっています。
上記の2サイトと比較するとそこまで盛り上がりに欠けますが、長く運営しているサイトとなっています。
そのため安定感がありますし定期的にイベントも行っているためおすすめですね。
ただ深夜の時間では女性のログイン率が低くなるため日中帯が狙ってチャットをすることがいいかもしれません。

 

DXLIBEの評価について

DXLIBEの評価について

業界最大手のデラックスライブについて今回はお話します。

まずデラックスライブとは運営実績が10年以上経過しているライブチャットサイトで2004年から開始しました。

一番稼げるサイトとして人気があります。

○デラックスライブの特徴について

1:入会特典がすごい
⇒登録するだけで登録お祝い金3万円がもらえます。
他のサイトと比べても現金をくれるところはデラックスライブだけです。

2:稼ぎやすい
⇒デラックスライブは稼ぎやすい仕組みとなっています。それはチャット中に覗きにくる男性が他のサイトより圧倒的に多いということです。多いときは10人以上来るため非常に稼ぎやすいと言えます。

3:報酬単価が高い
⇒海外が拠点となっているため報酬はドル計算となりますが、パーティーチャットでも分給にして70円〜80円程度、2SHOTだと分給で140円〜150円ある計算になり、1万円近い時給となります。
それに覗きさんの報酬などを含めると時給1万以上稼ぐことも可能!

また稼ぐ方であれば月100万越えプレイヤーも多くいます!

4:リピーターが多い
⇒デラックスライブは男性が払う料金は非常に高いです!30分話すだけで5000円程度のお金を払っているためお金を持っている男性が多く、ファン・リピーターがつきやすいサイトです。

また、2ショットでチャットをしたいと思う男性も多くいるため長くチャットを利用してくれます。ちょっとおねだりするだけで、チップをプレゼントしてくれる男性も多いんですよ。

5:自我撮り動画でほったらかしで稼ぐ
⇒過去のチャット動画を公開しそれを視聴したら報酬が入る仕組みとなっています。
実際にログインしチャットをしなくてもだまっていてもお金が入るためおすすめできます!

○デラックスライブの安全性について
⇒24時間、365日のサポート体制となっていて、電話・チャット・メールの3つの方法でアクションできます。

レスポンスもよく質問したら早くて10分以内に返答がくるケースが多いです。迷惑な男性をブロックする機能なども充実しているので安心です。今まで大きなトラブルの話も聞いたことがありません。

○報酬について
⇒報酬は2回払い(月2回)となっています。
月前半(1日~15日)の分を翌月5日、16〜31日の分が翌月20日に振り込まれる仕組みとなっていますのでありがたいですね。

ドルを日本円に替えて振り込まれるので安心してくださいね。

 

チャットレディを始める一連の流れ

チャットレディを始めるまでの一連の流れを今回はご説明します。

チャットレディのお仕事形態には2パターンありますがそれは在宅と通勤となります。

そこで今回は在宅に関してお伝えしたいと思います。

在宅の場合はまずお仕事をするサイトを決めることから始まります。

サイトによってコンセプトがいくつかあります。
年上がメインとなっているサイトや若い子が中心となっているサイトなど様々あります。
自分がどこのサイトに合っているのかをまず決めましょう。

決めた後は次に登録をする必要があります。どこのサイトも最初は仮登録というものがあります。
この仮登録とは女性であることの証明や18歳以上であることの証明となります。

仮登録が終わったら次に本登録に進みます。本登録とは登録したサイトの運営者と実際にカメラテストなどや注意事項を教えてもらうことになります。

カメラテストはウェブカメラの調整やネットが正しく接続されているかの環境のチェックすることになるだけですので安心してくださいね!

カメラテストが終わったらいよいよお仕事開始となります。

またサイトによっては順番が異なる場合もありカメラテストの際に身分証明書を提示することもありますのでその点はサイトによって異なってきますのでなんともいえないですwww

登録が完了したときに報酬の振込先の口座などを申請する必要ででてきますがほとんどのサイトではどの口座も問題なく登録できるようになっていますのでこちらも安心してくださいね!

上記の内容がチャットレディを始めるための一連の流れとなっていますが冒頭でも説明したとおり順番はサイトによって異なります。

大手のお仕事先サイトならチャットレディが困った時に相談できるヘルプデスクを設けていることが多いのでお仕事を開始した後でもわからないことや困ったことがおきた場合には相談することが可能です

チャットレディで必要な環境や道具は?

チャットレディを始める上で必ず必要な環境や道具があります。

まず用意しなければならないものとしてはインターネット環境とパソコンやスマートフォンになります。

インターネット回線はできるだけ固定回線が望ましいです。具体的には光回線ですね。

光回線でワイファイでも問題はありませんが、状況によっては映像がとびとびとなってしまいタイムラグが生じる可能性が高いです。

そんためできれば有線LANで接続することが一番ですね。

しかし自宅に光回線を引いていない方も多くいらっしゃいますし、ケーブル回線が以外と多い方もいます。

ケーブル回線でも最近では100MBくらいの速度も出るため問題はありません。

スマートフォンでお仕事をする場合は回線に関して全く問題はありませんが携帯電話キャリアの回線を使うと速度制限がかかる可能性があります。

速度制限がかかってしまった場合は正直チャットどころじゃなくなってしまいますので注意が必要です。

パソコンについて

お仕事で使用するパソコンは一昔のOSじゃなければ問題はありません。
可能であればウィンドウズ7以降がベストとなっていますが、ビスタでも大丈夫です。

ようはOS依存ではなく、CPUやメモリが非常に重要となってきます。

ほとんどのライブチャットサイトでの推奨環境はメモリが4G以上となっていますのでここ2.3年前に購入したパソコンであれば全然大丈夫です。

カメラ

お仕事をする上で自分を写すカメラが絶対的に必要となっています。

安いものであれば2.000円程度で購入できるようになっていますが、あまりにも安いと映像荒いためあまりおすすめはできません。

サイトによってはレンタルで貸出してくれるサイトやくれるサイトもありますのでもっていない方はサイトに聞いてみるのも良いでしょう。

あれば便利なものとしてはマイクとなります。
チャットレディのお仕事はマイクが必須ではありませんが、タイピングだとタイムラグが生じてしまうことが結構ありますし疲れますww

パソコンには内臓されているマイクがありますが、全体的な音を拾ってしまうため、身ばれや住所バレのリスクを考えてもあまりおすすめできません

チャットレディの危険性について

チャットレディの危険性について今回はお伝えします。

チャットレディと聞いて怖い!危険じゃない?危なくない?身バレしない?

と不安なことはあると思います。

チャットレディは基本的には安全なアルバイトですが、顔を出したりするとミバレする場合があります。

そこでチャットレディのリスクについて

①身バレする可能性がある
⇒チャットレディは顔を出したりする場合がありますので、職場の同僚、友達、知人とつながってしまう可能性も0ではないので、変装することが一番となっています。

メールレディだった場合は身バレすることはありませんが、チャットレディはこのように身バレすることがあります。

バレないためにも普段の雰囲気とは全く別の衣装を着たり工夫していますよ。

②住所が特定される可能性も0ではない
⇒カメラで部屋を映すため、背景でバレる可能性があります。ただ、それば自宅に招いた知人や友人のみとなります。

生活リズムが崩れる可能性がある
⇒チャットレディで一番稼げる時間が夜中の12時から02時程度になります。その時間が一番盛り上がるため稼げますが、生活リズムが崩れるケースがありますので注意が必要です。

アダルト要求されることがある
⇒ジャンルによってアダルト要求されることはありますが、なかには過度の要求をしてくる男性もいます。

相手の要望にこたえると男性側も調子ついてくるため、もう無理!と思った場合はきっぱり断ることにしましょう。

それでもしつこい場合は運営側に通報することが一番となっています。

ノンアダルトにもアダルトな要求をしてくる男は多い
⇒ノンアダルトジャンルは男性が払う料金も低いため、アダルトが一切禁止されているサイトにも関わらず要求してくる場合があります。

そこでしてしまうと規約違反となってしまうため絶対に止めてください。

会話の中で多少アダルトなことを話すことぐらいは問題ありませんが、行為をしたら一発アウトとなっていますので絶対しちゃいけませんね。

 

チャットレディに危険性についてもっと詳しく書いているサイトを見つけましたので参考にしてください。

チャットレディ(ガール)求人情報ならChatGeil

チャットレディの税金や確定申告について

チャットレディの税金や確定申告について

チャットレディはサイトに雇用されているたわけではなく、あくまでも個人事業主として働いていることになります。つまり業務委託という形となっています。

チャットレディの報酬には源泉徴収がなく、確定申告は自分で行う必要があります。年度末に税務署に稼いだ分の申告が必要となっていますが、申告をしないで放置すると後で加算税などのペナルティがくる場合がありますので注意が必要です。
マイナンバー制度の導入により税金の未納は今まで以上にバレやすくなります。国民の義務である納税はきちんと行い、後で痛い目に合わないよう充分注意して下さいね。

○いくら稼いだら申告が必要なのか?
チャットレディを本業でやっている場合は、年間の所得金額が38万を超える場合に申告が必要となっています。

また副業としておこなっている場合は、1年間の所得が20万円以下の場合は確定申告の必要はありません。

また、所得とは収入から経費を引いて残った金額のことを指します。

例えば50万稼いで経費が20万だった場合は30万の所得となります。
この30万に対して税務署に申告をすることになりますのでこちらも注意が必要です。

確定申告の対象となる期間は、毎年1月1日から12月31日までの1年間になります。発生主義による基準となりますので、12月に発生して翌年1月に入金された報酬は、12月分として計上します。年を跨ぐとややこしくなるので注意して下さいね。確定申告の提出期限は、翌年の2月16日から3月15日までになります。

○チャットレディの経費
チャットレディのお仕事で経費になるものは結構あります。
代表的な例で言うと、在宅でお仕事をしている場合は家賃の3割程度が経費になったり、暖房代、電気代、パソコン代など仕事をする上で必要なものは経費にできるようになっています。

その他にも、コスプレ衣装美容院代化粧品装飾品(アクセサリーなど)交通費接待交際費(飲食代・旅費・宿泊費など)も含まれます。

また経費にする場合は必ず支払った領収書などは絶対ひ保管しておきましょう!

プロダクションの選び方

チャットレディは在宅とプロダクションと二つの働き方があります。
そこで今回はプロダクション(通勤型)のチャットレディの特徴をお伝えします。

プロダクションでの報酬は在宅よりも少し下がってしまいます。その理由としてはプロダクションはマンションの一室などを借りて運営しているため経費が通常よりかかってしまためとなっています。

チャットレディが稼いだ金額の数%プロダクションに支払わなければいけないためとなっています。

しかし報酬面だけで見ればデメリットしかないと思いますが、稼ぎ方のノウハウやPCや照明などの機材が一式そろっているため考え方次第ではプロダクションの方がいい!と思う方も多いです。

特に稼ぎ方のノウハウは専属のベテランスタッフさんが教えてくれるため在宅よりも効率よく稼ぐことができるようになっています。

なかには月100万以上も稼ぐ猛者もいるぐらいとなっています。

○プロダクションの選ぶコツ!
チャットレディのプロダクションはかなりの数があります。報酬や待遇などはそのプロダクションによって様々となっています。が選ぶ際には注意が必要があります。
報酬の未払いや、辞めたいのに辞めさせてもらえない、アダルトや顔出しを強要されるなどのトラブルが多い悪質なプロダクションもいたりしますので、充分注意が必要です。

ただ報酬がいいから!と言って選んでしまうと後でトラブルの元となってしまうケースもあります。